「すはだの学校」潜入ルポ 第2回 「やさしく・きれいに洗いたい!」

おのみさ

2017年07月21日(金)

「すふふ編集部」スタッフ松井(通称:まっちゃん)の『すはだの学校:きほんの洗顔教室』の体験記を紹介するこのコーナー。
第1回目は、彼女のいちばんの悩みの「毛穴」が開いた原因と洗顔で毛穴を整えていきたいという意気込みを紹介しました。
さて、今回は洗顔方法。ここでも、いろいろな気づきや発見があったようです。
*****************

こんにちは! すふふ編集部のまっちゃんです。
前回は、私の忌々しい「毛穴」のお披露目とともに、〝角栓しぼり出し癖〟について告白いたしました。さすがに、あきゅと出逢ってからは、この悪癖は封印していますが、この暑さも手伝って??? 小鼻の脇や顎から、白いにょろにょろ(角栓)が顔を覗かせているのが、気になって、気になって…。
 
───いかん。いかん。悪い癖が出てしまいそうなので、まず角栓とは何ぞや?を調べてみました。すると、
 
その① 角栓は、毛穴から雑菌などが入り込まないよう蓋の役割をしている。
その② 角栓の7割はタンパク質で、残り3割は皮脂でできている。
その③ どんな人でも角栓は溜まり、最後は垢として自然にはがれ落ちる(=表皮のターンオーバー)ということがわかりました。
 
【参考URL】
エイジングケアアカデミー 2.そもそも角栓とは?

IMG_9741ago.jpg
刺々してて、硬そうな私の顎。出たいのに出られない角栓が詰まっています(7月13日撮影)
 
「すはだの学校」では、このターンオーバーについて、お肌の底にある基底層で誕生した細胞がどんどん上に上がって、バリア機能や保湿機能を果たし、健康的なお肌の場合、約42~50日間ではがれ落ちる、と説明が~~。
これによってお肌は十分な水分を保つことができ、ふっくらやわらかで、不要になった角栓は毛穴からスムーズに押し出されるので、角栓が出た後の毛穴は閉じているそうな~~。
逆にターンオーバーが乱れると、水分保持ができなくなり、その結果、お肌が硬くなって、毛穴から角栓が出にくい状態に~。
それが毛穴が開く原因だったとは(涙・・・)。
 
つまり、毛穴を引き締めるには、ターンオーバーを正常に戻さなければいけないことがわかりました。
それには、「2:8(にはち)の法則(お肌のケアが2割、体の中からのケアが8割)」に則って、正しいスキンケアと規則正しい生活を継続することが大切です。
 
「すはだの学校」を受講して思ったのは、自分では気づかない所作の習性があるということ。
私の場合は、力の入れ過ぎ(笑)。このあとお伝えしますが、トレーナーに見てもらってはじめて、いろんな間違いに気づくことができました。
正しいスキンケアを手に入れるには、〝客観的な視線〟がものすご~く大切!
その第一歩として、最低限、身につけておきたい所作の一つが「やさしく・きれいに洗うこと」
今となっては、泡立てよりも、もっと難しい所作ではないかと思っています。
 
前回はネットを使って、「泡石(ほうせき)」から〝濃密泡〟ができるまでをお伝えしました。
 
今回はその続き。
 

手の平にできた泡を両頬、額、鼻先、顎の順でまんべんなく伸ばします。

 
トレーナーからいわせると、私はこの時点ですでに、力が入っていたとか。
そうとは知らず、いちばん気になっている鼻筋から頬にかけてや小鼻、顎のあたりを中指と薬指の腹でくるくるくるくる…。
私の力の入れように、思わずトレーナーが「力を抜きましょうか~」とアドバイス。
指摘されてはじめて、肩に力が入って、体もこわばっていることに気づき、リラ~ックス、リラ~ックス♪ そして、深呼吸を1回。
170318115.jpg
その直後、「鏡を見てください」とトレーナーに言われ、覗いてみると、私の額にはくっきりと「川」の字が!!。
まさか、この上から下へと続いているのは「指の跡」?!。
さきほどから、「泡を転がすようにやさしく~~」と何回もトレーナーが囁いていたのに(涙)・・・。
なんで、でけへんのん????????
 
私の落ち込みようを察してか否か、「ぬるま湯を両手ですくって、そこに顏を近づけて、やさしくすすいでください」と指に顔を触れない洗い方を優しく教えてくれました。
IMG_9588hitai.jpg
髪の生え際がときどきかゆくなるのは洗い残しが原因なんだそう。。。

ここで、再度、鏡をチェックし、髪の生え際に残っていた泡を丁寧に落としました。
それ以外にも小鼻の脇や口の下、眉間なども泡が残りやすいので、すすぎの後は〝鏡チェック〟をおすすめします。
今回は特に〝自分では気づかないこと〟が多々ありました。それに気づかせてくれたトレーナーに改めて感謝!!
それと同時に、自分に合うスキンケア方法を知ることは、すご~く大切なことだと思いました。すはだの学校は、そういうことに気づかせてくれる場なんですね~。
そのためには、事前にお肌の写真を送ったり、一人ひとりの所作を見たり、肌に触れてもらうことが必要だということもわかりました。
今回見つかった「課題」は、〝力を抜いて、やさしく・きれいに洗う〟こと。

すべてにおいて、肩に力が入り過ぎる私。思い起こせば、小学2年から肩凝りの記憶が~。
おそらくこれが、一番気をつけなければいけない、超えないといけない山!
待ってろよ「毛穴」! いつか必ず、きゅっと引き締めてやる!!
というわけで、次回は私の大好きな「優(ゆう)すくらぶ」のお話。ご期待ください!!
0602sennganngo.JPG
洗顔後の右頬(6月27日)
 
プロフィール
『昭和生まれ』の53歳。
サーファー全盛期の高校時代、より太陽に近づきたい!一心で、水着とタンニングオイル持参で、近所で最も高い14階建てマンションの屋上でひと夏を過ごしたおバカ。
あきゅ歴2年目にして「すはだの学校~きほんの洗顔教室」を受講。
 
すはだの学校スケジュール
 
2017年8月23日(水)10:00~13:30 定員4名
2017年9月9日(土)10:00 〜13:30 定員4名
2017年9月27日(水)10:00 〜13:30 定員 4名
 
会場 東京都三鷹市野崎3-9-27 
アクセス
 
 
 
ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。