「重ねる化粧より、取り去る化粧でありたい」

かよっぺ

2017年04月28日(金)


初めてあきゅらいずの美養品をご注文をいただいたお客様のお声です。
「本当は何もつけたくないの。でもそういうわけにもいかないから」
 
 
14931561749420.jpg
 
今、このブログを読んでくださっている皆様も、同じ思いの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
人それぞれに事情はつきもの。
「ファンデーションは、手放したくても手放すわけにはいかない」
                     …と言う訳ですね。
 
でも、ちょっと待ってください。
実際に「脱・ファンデ」された方はどうだったのでしょう?

 
私、すはだトレーナーの塚本が担当をさせていただいた「Sukule※」のお客様に
「脱・ファンデ」をされた方が二人いらっしゃいます。
 
お一人は、若いころから繰り返すニキビにお悩みの30代、A様。
もうお一人は、くすみやシワが気になっていらっしゃる40代、B様でした。
 
A様は、33日目、B様は30日目で脱・ファンデされました。
 
しかも、お二人とも予告なく突然に!(笑)
 
「思い切って脱・ファンデしました!」
「実は昨日から『玉粉肌(たまごはだ)』にしました!」
 
でも、一体どうしたという訳でしょうか。
隠したかったニキビやシワは??
 
 
お二人が脱ファンデに至るには、
自己流になっていた3ステップの使い方を見直していただいたほか、
A様には「泡石(ほうせき)」の泡立て方や洗い方のコツを。
B様には、保湿ケアを重点的にアドバイスをさせていただきました。
 
すると、お二人に共通の肌実感がみられるようになりました。
 
「肌にツヤが出た」という実感、
そして「透明感が出た」という喜びです。
 
肌にツヤが出たり透明感が出ると、今までの隠したいという思いとは裏腹に、
みなさん〝肌を隠したくなくなる〟のです!

いつの間にか、
「ファンデを手放すわけにはいかない」という固定観念から自然と解放されていくようです。
 

160921-98.jpg

きれいな肌だなーといえば、やっぱり弊社代表の南沢。
歳を重ねるたびに、ツヤツヤ透明感がアップしていく南沢の肌は本当にきれいです。
 
でも本人曰く「体調によって、シミが濃くなるときがあるよ」とのこと。
ツヤや透明感があると、まわりの私たちにはそんな南沢の肌の揺らぎは全く気付かないし、気になりません。
 
 
肌にツヤや透明感が出るということは、
肌が十分に潤っているという証。
不要な角質が取れて、美養品の保湿成分が角質層まで浸透しやすくなるためです。
 
肌がきちんと潤うと、透明感だけではなく、肌がふっくらとしてキメが細かくなるので、シワやシミなども目立ちにくくなってきます。
 
そのように、潤いを抱え込む保水力のある元気な肌が生まれやすくなるのも、
栄養や水分、酸素を運ぶ十分な血液がきちんと肌に行き届いているから。
それって、血行が良い健康的なお肌ということですから、顔色も良くなるのは当然ですね。
 
このシミ・そばかすをさらけ出すわけにはいかない…
このシワ・ニキビ跡をさらけ出すわけにはいかない…
このくすんだ顔をさらけ出すわけにはいかない…
 
貴女の「そういうわけにもいかない」お話し、ぜひお聞かせください。

14932165851911 (1).jpg
※sukuleとは
専任のすはだトレーナーが45日間お客様に寄り添い、肌悩みに合わせた3ステップの使い方と暮らし方をアドバイス。「自分流の美養習慣」が身に付く“すはだと暮らしのレッスンプログラム”です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★詳しいSukuleの説明や流れはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ページトップへ
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。